淋病は攻撃性が強い感染症ではない

淋病は、攻撃性が強い感染症というわけではありません。淋病は、淋菌という菌が原因で発症する性病の一つなので一度感染すると専門的な治療を行わないと完治させることができません。性病患者の感染率の約30%程度を占めている病気なので、感染率はかなり高い病気となっています。淋病を発症させている人はクラミジアなどの別の病気も発症させていることが多く、自覚症状がある時に刃性行為を避けることが大切で、二次感染を防ぐように努力しなくてはいけません。淋菌が身体に入ってくると、普通は数時間から数日で症状を発症させるのですが短い期間の潜伏では自覚症状が出にくい特徴もあります。そのため、他の性病に比べるとものすごく攻撃性が高いというわけではなく、じわじわと時間をかけて症状を進行させる傾向があります。女性の場合は、膣や子宮に炎症を起こしてしまうのでおりものが多くなったり子宮から悪臭がするようになります。しかし、このような感染症の症状が出たとしても女性自身には自覚症状が無いのでやはり攻撃性が強いとは言えず、パートナーである男性がしっかりと事実を言ってあげなくてはいけません。また、妊娠中に淋菌に感染してしまうとその菌が出産時に赤ん坊に感染してしまうことがあります。この場合には子供にも重大な疾患が生じてしまうので、自身やパートナーのことだけというわけではなく子供のためにもしっかりとした対策をする事が何よりも大切になります。男性がこの感染症を発症させると尿道に激しい痛みを生じることになるのですぐにわかります。尿道に痛みが走るくらいに進行しているときには尿と一緒に膿が出てくることもありますので、早急な対策が必要になります。