淋病や紫斑病と診断された場合

医療機関等で淋病と診断された時は医師の指示通りに抗生物質等の薬をしっかりと服薬する事が大切です。服薬は自分の判断でやめるのではなく医師が淋病が完治し、もう服薬をしなくても良いと判断してからやめた方が安全です。
淋病と診断を受けた時はそれが完治するまで性交渉はしない方が良いです。現在、完全に予防出来る方法がないためそれがある時に性交渉するのは危険です。安全のために完治するまではしない方が良いです。
紫斑病と診断された時はそのタイプによってその後の対応が違ってきます。単に紫斑だけの場合は経過観察や安静に過ごす事で問題ないです。しかし、紫斑病でも腎炎になる可能性がある時は薬剤の投与が行われます。また、腹部や尿に異常がある時は入院して紫斑病の治療を行います。
紫斑病は軽度のものから治るまでに非常に多くの時間を必要とするものまであります。患者は自分の状況を把握し、自分の状態に合ったケアを医療機関でしっかりと行う事が大切です。状態によっては非常に難しい病気ですが、治療を継続すれば治るものでもあるので必要以上に不安を感じる事はないです。
淋病も紫斑病も他人から誤解を受けたり、偏見の目でみられたりする事があります。しかし、本人が病気を正しく理解し、相手に正確な情報を伝える事が出来ればそのような問題に直面しても容易に乗り切る事が出来ます。
診断を受けた後は医療従事者の指示に従って行動する事が非常に大切です。その指示を無視して行動した場合、すぐに治る病気であったものが治るまでの多くの時間を費やす事になるからです。自己判断で行動する事は自分の健康に悪影響を及ぼす可能性が高いので避けた方が安全です。慌てず、医師の指示通りに動く事が大事です。